FunTech 編集長のプロフィール

おしゃれなソファーからこんちは。

編集長っす。

 

何?

写真ボケすぎ?

すいません。これしか良い感じの写真ありませんでした。許してください。

 

突然ですが、今回は僕の生い立ちについて説明します。

 

少し長いですが、これを見たあなたは僕に興味があるということなので、最後まで読みましょう。

そしてTwitter(@hatarakanaize)をフォローしましょう。

幼少期

3265gで生まれた僕は、すくすく育ち、3歳の時初めての恋をします。

近くに住んでいた「みのりちゃん」です。

みのりちゃんに恋をした僕は、毎日みのりちゃんと遊ぶ約束を取り付け

「おままごと(ゲス顔)」

「追いかけっこ(ゲス顔)」

など純粋な遊びを通して、みのりちゃんに近づいていきました。

 

そして幼少期にありがちな

「将来みのりちゃんと結婚する」

みたいなことを言って、一方的なラブコールを繰り返していました。

 

みのりちゃんもまんざらでもなく

「まあ、編集長くんならいいかな」

みたいな感じで、半ば将来を約束したような仲になりました。

小学生

小学生になると、みのりちゃんとだんだん疎遠になってきます。

毎年くれたバレンタインも、4年生の頃にはくれなくなり、代わりにクラスのイケメンと帰っているところを何回も目撃しました。

 

そうです。

みのりちゃんとの将来の約束は破棄されたのです。

 

失恋はショックでしたが、5年生の時にモテ期が到来します。

「編集長くんのこと好きな人、4人知ってる!1人はわたし!好きやで!」

と言うちょっとキュンとする告白をされたりしました。

まあバレンタインチョコ誰もくれへんかったけど...。

 

モテ期の傍、家庭の意向で私学の中学校を受験することに。

第一志望の中学校に受かりめでたかったのですが、「僕のことを好きな4人の女の子」とも「みのりちゃん」ともお別れとなってしまいます。

中学生

私学に入学したわたしは野球部に入り、野球に明け暮れます。

そこの野球部は結構強豪で、毎年京都で優勝しているような中学校でした。

そんな強豪で未経験のわたしは、ベンチ入りはしたものの、レギュラーになることができず、敗北を味わいます。

 

恋愛の方も敗北続きでした。

小学校の時結構もてていた僕は、女性へのアプローチを知らずに育ってきました。

さらに、野球部は坊主です。

髪の毛で顔をごまかしていた僕は坊主によってブサイクがバレます。

圧倒的敗北............!!

 

そんなこんなで結構つらい中学生を送ります。

高校生

高校生でも野球をします。

でも、硬式は怖かったので軟式野球部に入ります。

軟式野球部ではそれなりに活躍、近畿大会にも出場し、良い感じの成果を残すことができました。

 

恋愛の方は、ハゲにより、圧倒的敗北......!!!

大学生

恋愛で圧倒的敗北を続けてきた僕は、華麗な大学デビューを果たす.....!!

 

はずが、体育会系の部活に所属。

ジムで屈強な男たちとともに、肉体をウェイウェイ鍛えていました。

 

そして体育会もやりつつバイト先では、ちゃっかり彼女を作る。

 

あれだけモテていた小学時代が嘘のよう。

気づけば初めての彼女。

 

でも2ヶ月くらいで別れる。

そのショックからナンパに目覚める。

ナンパ師に弟子入りし、日夜大阪でナンパを繰り返す日々。

 

ナンパとともにはまったのが、どうしたことかプログラミング。

誰か偉い人が

「これからの時代プログラミングっしょ」

と言っていたのを聞き、やってみると案外面白い。

 

そして、そのスキルを武器に数社でアルバイト。

そのあとフリーランスエンジニアとして独立。

学生ではありえない額の報酬をもらいながら、仕事をします。

 

そして

「これ大学卒業しんでも稼げんじゃね?」

と思った僕は大学を退学。

フリーランスとして本格的に活動を始めます。

現在

現在はフリーランスエンジニアとして働きつつ

 

ゲーム開発会社やら、プログラミングスクールやら、いろんなところで働いた経験を元に、「プログラミング」「フリーランス」などについて発信していくメディアの編集長として活動しています。

 

まあ気が向いたらフォローしてやってください。