Python入門ならPyQ™(パイキュー)が良さげな件!

こんちは!

編集長っす。

 

今回はPython学習サービスである、「PyQ™(パイキュー)」について見ていきます。

Pythonを学習するサービスって今までにあんまりなくて、ついにきたか!!って感じです。

PyQ™(パイキュー)とは

初心者でも1から
ブラウザーだけで
実務で通用するレベルに

PyQ™は、プログラミングをやったことのない初心者が、ブラウザだけで、実務レベルまで、プログラミングスキルを上げることのできるサービスです。

 

ブラウザだけでプログラミングできるって聞くと「Progate」とかが思いつくんですが、PyQ™はそれがPythonでできるってことがベネフィットになっています。

 

今までWebだけで、Pythonを体型的に学ぶことはほぼ不可能だったのですが、このPyQ™はPythonを一から、実務レベルまで体系的に学ぶことができます。

PyQ™(パイキュー)の料金

PyQ™の料金についてはこんな感じです。

PyQ™の利用だけなら2980円で、そこからサポートがつくごとに値段が上がっていく感じですね。

2980円のプランだと、「教材だけ」って感じですが、値段が上がるごとに、プログラミングスクールに近づいていくイメージですかね。

カリキュラムの内容

それでは気になるPyQ™のカリキュラムの内容について見ていきたいと思います。

Pythonはじめの一歩

「Pythonはじめの第一歩」ではPythonの基礎的な文法について学びます。

printとかifとか。

まさにプログラミングの第一歩って感じのカリキュラムが並んでますね。

編集長
初めの第一歩の充実度がやばい。

Python初級

次が「Python初級」。

関数とかタプルとか。

編集長
初めの第一歩より難しい概念が乗っ取りますなあ。

Python中級

次がPython中級。

正規表現とか、例外処理とか。

編集長
中級にしては結構レベル高くね?

実務でのPython

ユニットテストとか設計とか。

だいぶ高度っすよね。書籍並み。

編集長
これが2900円で学べるはやばいぞ。

はじめてのWebアプリ

Djangoですね。

Pythonでwebアプリ作りたくて、Django調べても、日本語の情報ってあんまりなくて苦労するんですよね。

編集長
Djangoの日本語の情報ってだけで価値ありっすわ。

Web初級

Djangoのちょっと深めの部分ですね。

DjangoでECサイト作れるようになるチュートリアルって日本にないんで、これはでかい!

仕様からの機能開発

まだ準備中ですが、APIとかメールとかスクレイピングとか。

いろんな機能を作っていくチュートリアルっすね。

編集長
準備中はよ!!!

まとめ

プログラミングの入門って書籍でするのが一般的だったんですが、そんな時代も終わってきましたね。

本と同等の知識がWebで同価格で手に入るならWebの方が圧倒的に良いですよね。

今後コンテンツ追加もされていくみたいですし。

つまりPython入門に本買うならPyQ™した方が良い!!!!以上!!!!!

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。