Ruby sliceメソッドの使い方! (文字列の抽出、削除)

こんちは!

編集長っす!

 

今回はRubyのsliceメソッドの使い方について見ていきます!

sliceメソッドについて

  • sliceメソッドの使い方
  • slice!メソッドの使い方
  • []メソッド(sliceの別名メソッド)

の三つの項目で解説していきます!

それでは行ってみましょう!

slice

sliceメソッドは、文字列の抽出を行うためのメソッドです。

指定した範囲の文字列を抜き出すことができます。

sliceメソッドの引数には様々なオブジェクトを渡すことができ

  • 数字(index)
  • 文字列
  • 範囲オブジェクト
  • 正規表現

などを渡すことができます。

このようにそれぞれの場合で文字列の抽出が行えていることがわかります。

[]メソッド (sliceの別名)

sliceメソッドには、別名のメソッドである「[]メソッド」も用意されています。

このように、それぞれの場合で、sliceメソッドと同じように抽出できていることがわかります。

slice!

slice!メソッドは一見sliceメソッドの破壊的メソッドのようですが、挙動が少し違います!

slice!メソッドは、レシーバから、指定した範囲を削除するメソッドです。

 

編集長

レシーバを変化させるけど返り値は、sliceと同じ!

注意!

まとめ

今回はRubyのsliceメソッドについて解説していきました!

sliceメソッドとslice!メソッドの挙動の違いは、きっちり理解するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です