【ノミでもわかる】Ruby グローバル変数の使い方

f:id:babashun1024:20170630124906p:plain

今回はRubyのグローバル変数について見ていきたいと思います。

 

グローバル変数は他の言語にもある概念で、スコープなども単純なので、サクッと覚えていきましょう。

 

グローバル変数とは

グローバル変数は「スコープが一番広い変数」のことです。

 

インスタンス変数やクラス変数、ローカル変数では、変数のスコープが制限されていました。

 

例えばローカル変数を、異なったスコープで呼び出そうとすると、以下のようにエラーが出ます。

しかしグローバル変数ではそうした制限なく、変数を使用することが出来ます。

グローバル変数を使ってみる

それでは実際にグローバル変数を使ってみましょう。

 

グローバル変数は

$変数名

で定義することができます。

ローカル変数ではエラーが出ていましたが、グローバル変数では出力できていることがわかります。

まとめ

今回はグローバル変数について見ていきました。

 

グローバル変数はスコープの制限がないため、一見便利ですが

グローバル変数が重複したりすると、思わぬバグを生む可能性があります。

 

しっかりと使い方を考えるようにしましょう。

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。