Ruby andと&&の使い方、使い分けを知る!【演算子】

こんちは!
編集長です!

今回はRubyの演算子である「and」と「&&」について見ていきます。

  • and演算子、&&演算子の使い方
  • &&とandの違い

について見ていきます!

それでは行ってみましょう!

and、&&の使い方

まずandの使い方について見ていきます。

公式ドキュメントによると

左辺を評価し、結果が偽であった場合はその値(つまり nil か false) を返します。左辺の評価結果が真であった場合には 右辺を評価しその結果を返します。

となっています。

実際のコードで見ていきましょう!

処理の順序は以下です。

  1. &&の左辺であるtrueが評価される
  2. 左辺が真のため、右辺が評価される
  3. 右辺が評価されたのでその結果が返る

このような処理が起き、falseが返ってきています。

and、&&の違い

次にandと&&の違いについて見ていきます。

andと&&の違いは「優先度」です。

 

「p true && false」の場合

  1. true && false
  2. p false

の順番で処理が流れていきます。

 

しかし「p true and false」の場合

  1. p true
  2. and false

の順番で処理が流れていきます。

このように処理の順番に違いがあると言うことを覚えて起きましょう。

 

編集長
andは思わぬバグの原因にもなるので、基本は&&を使うようにしよう!

まとめ

今回はand演算子について見ていきました。

andと&&のそれぞれの使い方、使い分けについてわかっていただけたら幸いです!

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です