Ruby each文の書き方 (配列、範囲、ハッシュ)

今回はRubyのeach文について見ていきます。

Rubyでは一番よく使用される繰り返しと言っても過言ではないのです!

そんなeach文について

  • 配列
  • 範囲オブジェクト
  • ハッシュ

それぞれでの使い方を見ていきます!

それでは行ってみましょう!

each文の書き方

each文は以下のように書くことができます。

オブジェクトの部分には「配列」「ハッシュ」「範囲オブジェクト」を使用することができます。

オブジェクト内の要素一つ一つを変数に代入していき、オブジェクト内の要素全てが繰り返されると、ループが終了します。

 

直感的でわかりやすい!

基本的にRubyのループはeachを使うことが多い!

 

実際にeachを使用してみる

言葉だけではわかりにくいと思うので、実際にeachを使用していきましょう。

eachは配列、範囲オブジェクトに使用するときと、ハッシュに使用する時で少し処理が違うので分けて見ていきます。

配列、範囲オブジェクトに使用

まずは、配列と範囲オブジェクトに使用していきます。

配列と範囲オブジェクトに使用するとそれぞれの中身の終わりで、繰り返しがされます。

以上のように繰り返しが行われていることがわかります。

ハッシュに使用

次にハッシュに使用していきましょう。

ハッシュにeachを使用する場合、ブロックに与える変数が一つの場合か二つの場合で処理が変わってきます。

 

変数が一つの場合

変数が一つの場合、このように初めの要素から、keyとvalueそれぞれに繰り返しが行われていることがわかります。

 

変数が二つの場合

変数が二つの場合、keyとvalueがそれぞれの変数に入って繰り返しが行われていきます。

 まとめ

今回はRubyのeach文について解説していきました。

他の言語ではfor文やwhile文が繰り返しの処理で使用されることが多いですが、Rubyでは今回解説したeachメソッドが使用されることが多いです。

しっかり覚えておくようにしましょう。

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です