薄っぺらい読書から抜け出そう「本を読む人だけが手にするもの」

あなたは日本でやたら読書がもてはやされていると感じた事はないでしょうか?
小学校、中学校では朝に読書時間がとられ、長期休暇のたびに読書感想文の提出を求められる。

親からも「本を読みなさい」「本を読むと頭がよくなるよ」と言われた。

そんな経験をした事がある方は多いと思います。

ただ、本を勧めている人も本を読んでいる人も、「なぜ本を読むのか」は知らないと方が多いんじゃないでしょうか?

それを知りたいあなたには「本を読む人だけが手にするもの」をおすすめします。

これを読めば、読書の本質について知る事ができます。

本を読むと得する

本を読みたいと思っていても、本を読む事で得られるメリットがないと読む気にならないですよね。

一般的に言われているメリットは「知識が身につく」とか「語彙力が上がる」とかです。

ただ本のメリットはそんなものではありません。

それを遥かに凌駕するメリットが書かれています。

具体的に何個かあげると

  • 本を読むだけで10人に1人の逸材になる事ができる
  • 本質を見通す力が身につく
  • 報酬も本によって決定してくる

などです。

「報酬が決まるとか絶対嘘だろ」と思っているあなた。

そう思っている間に本を読んでいる人は着々と報酬を積み上げています。

情報編集力を身につけろ

元来、持っている情報を元に問題を解決する、情報処理能力が優遇される時代でありました

しかし情報が溢れている現代では、溢れている情報を整理して本質を見抜く情報編集力が優遇され時代になりつつあります。

情報編集力を磨くためには、多くの考え方に触れそこから主体的な自分の意見を見出す必要があります。

それに最適な手段は読書です。

読書には、自分の数億倍もすごい人生を歩んできた筆者の考え方、知識、人生が所狭しと詰まっています。

それに触れるに従って自分の意見を育んでいく事ができるんです。

「自分の意見が言うのが下手」

「思慮が浅く、意見がズレている事が多い」

というあなたは、いますぐ読書を始めるべきです。

道徳としての読書を抜け出す

日本人がイメージする読書は道徳的側面が強いです。

良いとされている本を読み、人生感や感情論を育成していく。

あなたもそんな考え方で読書に取り組んでいませんか?

読書はそんなつまらないものではなく、もっとエキサイティングなものです。

ただインプットして、それらを育むだけではなく、頭の中で筆者とディベートし自分の意見を育んでいくのが読書です。

「読書がつまらない」と思っているあなたは本当の読書の仕方を知らないだけです。

まとめ

僕はこの本を読んで、自分の中の読書に対する考え方が変わりました。

「情報をインプットするためのもの」と言う側面だけではなく、読書には様々なメリットがあり、人生を豊かにする。

「情報のインプットのための読書」の先にある、本当の読書を知りたいあなたに。

文句なしにおすすめの本です。

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。