「シンプルに考える」を読んだら頭の中がシンプルになった

最近、仕事や人間関係などで悩む事が増えてきました。
悩んだ結果

「まじ世の中どうなっとんねん!」

と世の中のせいにしたり

「こうなったんもあいつのせいや!」

と人のせいにしたり

とても良いメンタルとは言えない状況でした。

そんなときに読んで心の助けになった本が「 シンプルに考える 」です。

この本を3行で表すと....

  • 成功やお金や競争に執着してはいけない。
  • 余計な事は全部やめて物事をシンプルに考えれる
  • 差別化よりもユーザーの事を考え続けた結果LINEが生まれた

成功に執着しない

新しい事に挑戦すれば、当然、失敗のリスクは高まります。

だからこそ、過去の成功にしがみついてしまう。

「守り」に入ってしまうのです。

そして、同じ事をやり続ける事に執着し始める。

しかし、その間に新しい技術は次々と生み出され、ユーザーのニーズも変化し続けます。

成功を捨てるって超怖い事ですよね。

成功に執着し続けると最悪

「〜さんって彼女いないらしいですね!こんなにかっこいいなら...」

みたいな、ひたすら芸能人のトレンド系の記事を書いてるよくわからないブロガーになっちゃいますもんね。

この「守り」の状態って一番怖くて、それさえやってればいいっていう、一種の思考停止状態。

成功を自信につなげるのは大いにありですが、執着してはダメですね。

余計な事はやめる

  • 事業計画
  • 会議
  • マニュアル
  • 情報共有

などの、一般的な会社で良しとされている事をLINEでは極限まで削っています。

それらは、「ユーザーが満足するサービスを提供する」と言う理念から見ると余計なものだからです。

あなたも、あなた自身の目標にとって、余計な事をしていないですか?

余計な事をやめて、より本質に向き合う時間を作る事が必要です。

まとめ

近年、よりシンプルに考えると言う風潮が強くなっています。

情報が氾濫した世界では、情報に踊らされず、物事の本質を見極め、本質をシンプルに考える力が必要になってきます。

  • 本質を見極める力をつけたい
  • やる事が多くて、悩みも多い

なんて人におすすめの本です。

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。