【3行でわかる】Rails saveとsave!メソッドの違い、使い分け

こんにちは。

フリーランスエンジニアのシュンです。

 

今回はRailsのsaveとsave!メソッドの違いと使い分けについて見ていきます。

saveメソッド

  • saveメソッドは保存に失敗するとfalseを返します。
  • 一般的なモデルの保存に使われるメソッドです。

save!メソッド

  • save!メソッドは保存に失敗すると例外を返します。
  • 複数モデルの保存など、saveに失敗するとすべてをロールバックしたい時などに使われます。

 

例外なのでそのままにするとエラー画面がでかでかと表示されてしまいます。

そのため、rescueでエラーを補足するのが一般的です。

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。