Ruby loopメソッドの使い方

こんにちは。

今回はRubyのloopメソッドについて見ていきます。

loopメソッドの使い方に加えて、他の繰り返し系メソッドとの違いも一緒に見ていきましょう!

loopメソッドの書き方

まずloopメソッドの書き方について見てきましょう。

loopメソッドは以下の様に書くことができます。

loop後のかっこで囲った部分が繰り返しになります。

loopメソッドを使ってみる

それではloopメソッドを実際に使ってみましょう。

この様に繰り返しが行われていることがわかります。

loopメソッドはループを抜けるポイントを明示的に指定しないと無限ループとなってしまうので注意しましょう。

loopはあまり使われない?

loopメソッドはeachやforやwhileなどの他の繰り返し系メソッドと比べると使われる頻度は少ないです。

loop以外のそれらのメソッドの方が、直感的にループを抜ける条件分岐などを書くことができるので、each,for,whileなどのメソッドの方がよく使用されます。

4980円のプログラミングスクール

プログラミングスクールに通いたいけど

  • 「値段が高すぎる」
  • 「実力がつくか不安」
  • 「しっかりした先生に教えてもらえるか不安」

と思ったことはありませんか?

 

でもそんなあなたの悩みは一気に解決するんです。

「月額4980円で現役フリーランスエンジニアに質問し放題なプログラミングスクール」

を作りました。

 

人数に限りがありますのでお申し込みはお早めに。